クワガタは飼育ケースに何匹入れられる?種類が違っても一緒に飼える?

今までクワガタを飼ったことはなかったのに、子供にせがまれて探しに行ったら予想外に多く見つけたとか、知り合いがたくさんとれたから何匹もくれたとか、なぜか偶然見つけてしまったとかでクワガタを飼うことになった場合・・・

手持ちの飼育ケースがあまり大きくなかっらどうしたらいいのでしょう?一つのケースに何匹くらい入れて飼っても良いのでしょうか?

また、種類の違うクワガタを、同じケースに入れてしまっても大丈夫なのでしょうか?

知り合いがくれたのでしたらその方に聞けば良いかもしれませんが、そうでない時はどうしたらいいのか迷ってしまいますよね。

過去にうちでクワガタを飼った時、近所のおばさんがスーパーのレジ袋に十匹以上入れて持ってきてくれたことがありました(^^;)

それは田舎住まいだったからで、こんな経験をすることはめったにないかとは思いますが、例えば子供が友達からもらって来たなんてことはあるかもしれません。

飼おうと思って、飼育ケース等を用意してあるならいいのですが、そうでないとまずは飼い方についての基礎を知ることが必要ですね。

スポンサーリンク
  

クワガタの飼育ケースはどんなものを用意する?

まず、実際にクワガタが目の前にいてそれを飼いたい場合は、飼育ケースを用意しなければなりません。

少しの間だけ家に置いておいて、その間にもらってくれる人を探すとか観察したら自然に返してあげるとかでしたら、代用として小さな虫かごや水槽、衣装ケースに土や枝などを入れておけばよいでしょうが、飼うのでしたらずっとそのままという訳にもいきませんね。

その場合は、ホームセンターやペットショップ等で売られている、昆虫飼育セットを購入するのが一番簡単です。

飼育ケースは大きさも色々ありますので、飼いたい種類や何匹いるのかに合わせて用意しましょう。

飼育ケースの中には、昆虫マットを敷きます。クワガタの場合は木の枝や朽ち木を入れたりします。つがいで買う場合は卵を産む可能性もあり、クワガタはそれを朽ち木に産みます。

餌は、昆虫ゼリーがやはり簡単です。

子供のおやつのゼリーにそっくりでおいしそうに見えますが、あれはどんな味がするのでしょうね・・・?

ふたを取って餌置き台に設置しますが、餌の無くなり方は常にチェックし、カビが生えたりしないように交換してあげましょう。

昆虫ゼリーを切らしてしまったり、まだ買っていない時には、りんごやバナナを小さく切って入れてあげても良いです。ただ、生の果物は夏場は特に悪くなりやすいのでこまめに取り除いてあげましょう。

スポンサーリンク

クワガタの飼い方、何匹くらい一緒に入れていい?

さて、クワガタは同じ飼育ケースに何匹くらい一緒に入れてもいいのでしょう?

飼育ケースを買うのにもお金がかかるし、できれば大きな飼育ケースにまとめて買えれば助かるのですけれど・・・。

そう思う気持ちはわかります。が、クワガタは基本的に1個体1ケースだそうです。

同じ種類のクワガタでも、オスとメスを一緒に入れておくだけでもけんかをして、どちらかが死んでしまうことも珍しくないようです(><)

ただ、つがいにして卵を産ませたい時は、オスとメスを一緒に入れて飼うこともあります。

また、コクワガタのような穏やかな性質のクワガタは、いくつか一緒にいれていても大丈夫なものもあります。

クワガタの飼育は種類が違っても一緒でいい?

うちでは、クワガタの飼い方を全然知らなかった頃、たまたま手に入ったクワガタたちを手持ちの飼育ケースに入れていたことがありました。

確か、ミヤマクワガタ2匹とノコギリクワガタ2匹ほど、コクワガタ2匹ほどだったかと思います。

時々けんかをしている姿は見られましたが、まさかあんなことになるとは思っていませんでした。



ある日、ノコギリクワガタが1匹死んでいました。その時は原因はわからなかったので餌を増やすくらいしたかもしれませんが、特に対策はしませんでした。

その後、また犠牲者が出ます。その時に気づきました。飼っている中で一番大きなミヤマクワガタの仕業だろうと。

そういえば、よくけんかをしているのはこの大きなミヤマクワガタでした。

結局、このミヤマクワガタ1匹とコクワガタ1匹が最後まで残ったくらいだったと思います。



もっと早くに、一緒飼いをしてはダメだと知っていたら無駄に犠牲を出さなくて済んだのに、かわいそうなことをしたなと思います(;;)

ですので、違う種類のクワガタの場合も、別々の飼育ケースで飼ってあげてくださいね。

まとめ

クワガタは男の子に人気の昆虫です。(もちろんカブトムシも。)手に入る機会があったら、張り切って飼いたくなるかもしれません。

その際には、同じ種類であっても同じケースに何匹も入れない方がいいと知り、できるだけ飼育ケースを一緒にせずに、飼育の基本を踏まえた環境を用意してくださいね。

おかしな飼い方をしなければ、クワガタも結構長いこと生きます。越冬したり、幼虫から成虫になるところを見られたりして楽しめますよ(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。