札幌函館間のJR往復割引の買い方や、払い戻しの方法って?

つい先日、ものすごく久しぶりに、札幌函館間をつなぐJR北海道の列車(特急スーパー北斗)に乗りました。

スーパー北斗

その際、往復割引切符を買ったのですが、以前とはずいぶん変わったなあと思います。

今回は確実に利用できるかどうかがわからなかったので、払い戻しができるかどうかも確認しておきました。

そんな、JR北海道での、札幌函館間の切符の買い方について、まとめておきます。

スポンサーリンク
  

札幌函館間のJR往復割引ってある?

学生の頃は割とよく利用したJR北海道ですが、その後はほとんど利用する機会がありませんでした。

前回乗ったのは、確か6,7年前だったと思います。

その時はまだ、Rきっぷという割引切符があったはずで、乗車料金と特急料金&指定席料金が含まれ、時期によって少し違いますが15,000円前後だったかと思います。


ですが、2016年の春から割引切符の設定が変わって、Rきっぷは廃止されてしまいました。

その代わりとなる割引切符は、「乗車券往復割引きっぷ」となるようです。ただ、こちらは乗車券のみですので、スーパー北斗に乗るためには特急券が別に必要となります。

座席指定も付けたければ、指定席料金を支払うことになります。

札幌―函館間は、片道料金が5,720円なので、行き帰り用の片道切符を2枚買うとすると、往復分として11,440円となります。

ですが、乗車券往復割引きっぷだと乗車料金が9,000円(往復分)となり、片道切符2枚よりも2,440円お安くなります。

これに、特急料金(指定席3,110円×2枚=6,220円)をプラスすると、合計で15,220円になります。また、特急料金(自由席2,590円×2枚=5,180円)の場合は、合計14,180円となります。

(片道乗車券2枚+特急指定席券2枚で購入すると、割り引きなしなので、合計は17,660円です。)


駅の窓口等で現金で買う場合には、上記のような感じになります。

もしもインターネットを使い、クレジットカード払いが可能なのであれば、「えきねっと」というサイトで購入することで、「えきねっとトクだ値」というこちらのサイトの限定割引価格で購入することができます。

その場合、スーパー北斗だと通常料金の15%もしくは30%の割引で購入できるので、とてもお得になります。

割引き率は、どの列車のどの便に乗りたいかで変わるようですが、たとえば15%オフであっても、正規料金17,660円の15%オフで15,011円となり、2,649円お安くなります。

(この15%オフの場合は、乗車券往復割引きっぷより209円お安くなります。)

もしも30%割引だった場合は合計12,362円になりますので、正規料金より5,298円もお安くなりますね。

スポンサーリンク

JR北海道の切符の買い方

JR北海道の切符は、昔は電話でも購入予約ができたのですが、現在は電話でのサービスはありません。

駅の窓口等に直接出向くか、インターネットサイト「えきねっと」での予約(無料の会員登録が必要)となります。



インターネットは簡単ですし、えきねっとトクだ値でお得な料金となるので、ネットが使える環境でしたらこちらのサイトを使いたいところですが、こちらから購入するにはクレジットカードが必要になります。

カード払いでもOKな方なら、簡単お得で満足感も高まるでしょう(^^)

カード払いはNGという場合は、サイトからの予約はできません。直接、駅の窓口や旅行センター、券売機にて購入しましょう。

JR北海道の切符の払い戻しはできる?

さて、今回私は都合により、確実に列車に乗れるかどうかはわかりませんでした。

それで、あらかじめキャンセルできるかどうか?払い戻しはできるのか?ということを、駅員さんに聞いてから購入しました。

駅等で直接切符を買った場合、払い戻しはできますが(条件によってはできないものもあります)、手数料がかかるので全額は戻りません。

乗車券と、特急券のそれぞれに、「払い戻しには◯◯%の手数料がかかる」というのがあるため、今回の私のような例だと2,000円とちょっとの手数料がかかってきます。

普通乗車券の、払い戻しの条件は「使用開始前で有効期間内」で、220円。

指定席特急券の、払い戻しの条件は「列車出発日の2日前まで」は330円。更に「出発日の前日から出発時刻まで」は30%(最低330円)となっています。

普通乗車券2枚の払い戻しは、220円×2枚分=440円。

指定特急券2枚の払い戻しは、3,110円の30%が933円×2枚分=1,866円。

440円+1,866円=2,306円。

ですので、15,220円で購入したきっぷに、手数料2,306円を支払うことになるので、12,914円が戻って来ることになります。

(幸い今回は予定の変更もなく、無事に列車に乗ることができました。)



今回は払い戻しはせずに済みましたが、払い戻しができると確認できたのは良かったです☆

手数料はそれなりにかかりますが、お金も戻って来るということがわかっていれば「もしかしたらキャンセルもありうるけれど、きっぷは取っておきたい」という時に、思い切って購入しておくということもできますね。

まとめ

札幌函館間・・・JR北海道の往復割引切符は、数年前とは少し変わってしまいましたが、今も正規料金よりは少し安く購入するサービスがあります。

また、現金で支払うかクレジットカードを使えるのかで、購入場所も限定されるものがありますし、料金も少し違ってきます。

一番お得に購入できるのは、インターネットとクレジットカードを使った「えきねっと」サイトからの購入です。

払い戻しをする可能性もあるのであれば、あらかじめできるかどうかを確認しておいた方がいいですね。

窓口で購入する場合は、払い戻しの手数料は乗車券・特急券それぞれにかかってきます。

もしもえきねっとサイトから購入する場合は、サイト内の注意書きなどをしっかり確かめてから購入してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。