大掃除して服も処分。それがもったいないならリサイクルを考えよう

年末の大掃除をすると、不用品がたくさん出たりします。

普段からちょこちょこと自分の持ち物を見直して、いらないものを捨てて行ける人は、大掃除の作業もそんなに大変ではないかもしれません。

ですが、普段はしないけれど「大掃除の時くらい、不用品を見直して処分しようかな」となると、分別だけでも結構時間がかかりますよね(><)



洋服

そんな作業の中で、服の整理もなかなか進まないものですが、やっといらないものをより分けて処分しようとしても、もったいないと思ってしまってゴミ袋に入れることをためらってしまうことも・・・。

そんな時は、リサイクルを考えてみるのも一つの方法です。

スポンサーリンク
  

大掃除をしていらなくなった服を処分したい

大掃除をきっかけとして、いらない服を処分しようと思う時、まずは自分の持っている服を確認する必要があります。

自分の持っている服って、ほぼ把握できていますか?

全てクローゼットにハンガーで吊るして収納していて、一目で何があるかわかる状態であれば、だいたいは把握できていることでしょう。

ですが、そんなふうにしておけるなら、きっと不要な服を処分するのにそんなに手間はかからないですよね^^

大変なのは、しまい込んでいる服がたくさんある場合です。

持っている服を引っ張り出して、いるかいらないか判断しようとしても、「こんな服、あったっけ?」「そういえばこれってあまり着ていないな、まだ綺麗だから捨てられない」と、確認していくだけでも時間がかかります。

それでも同じような形や色の服があれば、どちらかを処分しようかという気にもなりますし、一度は全部出してみて、自分がどのくらいの服を持っているかを知るのは大事です。

あの、ときめきで判断する片付け法の「こんまりさん」も、家の中の衣類はすべて一か所にかき集めてから、要不要を判断すると言っていますね(^^)


そうして、自分の持っている服の量を見ながら、サイズが合っているかどうか、汚れや傷みがないか、何年も着ていないものではないか、今でもお金を出して買う価値があると思えるものか、などと、自分なりの判断で残すか捨てるかを決めます。

服を処分するのがもったいないと思ってしまうなら

「好みが変わったから、もう着ない。」、「サイズが変わって着られない。」、「何となくいらない。」などと判断しても、いざ捨てるとなると「もったいない」と思ってしまうことってありますよね。

そんな時は、とりあえずそれらをまとめて箱や袋に入れて取って置き、ある程度の時間が経って、“捨てると判断したものだけど、一つ一つを思い出すほどでない”という状態になってから、中身を確認せず一気にゴミに出してしまうと、もったいない気持ちが薄れているでしょう。



または、考え方を変えてみます。「この、いらないものを置いておくスペースこそもったいない。」と。

スポンサーリンク

アパートや借家なら、家賃をもとにして、置いてある場所のスペース代を計算して出してみると、現実的になります。物を保管するために●●円支払っていんだと。

その物を捨ててスペースが空いたからといって、支払う代金が減るわけではないですけれどね。でも、心は軽くなります^^



それでももったいなくて無理・・・と思うのでしたら、ゴミとして捨てるのではなく、リサイクルして誰かに使ってもらうことを考えると良いでしょう。

服の処分は、リサイクルなら手放しやすい

あまり好きでない服を処分するならまだいいかもしれませんが、愛着のあった服とか、まだまだ着られる服を「ゴミにするのはもったいない」と思うことは全然おかしくありません。

限りある資源を大切に、なんて言うキャッチフレーズが頭に浮かんでしまいます。

もしも誰かが着てくれたら、気持ちも軽くなりますよね。そんな時は、捨てずにリサイクルすることを考えましょう。


リサイクルする方法はいくつかあります。

  1. もらってくれる人を探す
  2. きょうだいや友達などなら、サイズや好みが同じで綺麗な状態のブランド服などであれば、欲しいと言ってくれる人はいるかもしれません。

    けれど、ノーブランドのものや着用感が結構ある服は、知り合いにはちょっとあげにくいかもしれませんね。

  3. リサイクルショップに持ち込む
  4. リサイクルショップに持ち込むなら、まとめてもっていくのもありです。

    ただし、買い取りしてくれたとしてもたいした金額にはならないことは、あらかじめ覚悟しておきましょう。

    ブランドもの、季節ものは少しいい値段で買い取ってくれることもあります。

    クリーニングやアイロンがけをしておいたり、取れかかったボタンは付けておくなどのメンテナンスはしておいた方が査定が上がるかもしれません。

  5. リサイクル業者に送る
  6. 送料はこちらで持てば無料で引き取ってくれるところや、無料で鑑定して買い取ってくれるところなどもあります。

    ただし金額は期待できません。捨てるよりもいいかなというくらいでしょう。

  7. フリーマーケットに出品する
  8. フリマは、買ってくれる人の顔が見れますし、リサイクルショップよりも高い金額で売れたりします。値付けとか店番などの手間はかかります。

  9. オークションに出品する

ブランドものはいい値段が付いたりします。ノーブランドはまとめ売りするとまあまあ売れたりします。

リサイクルショップよりは高く売れる可能性も高いですが、まったく売れない場合も。売れるまで保管しておかなければならず、すぐに処分してしまいたい時には向いていません。

などですね。



その他、大型スーパーや自治体の施設に回収ボックスを置いていたりするところもありますね。

そういったところを利用すれば、捨ててしまうことなく誰かに使ってもらえるため、処分の際の精神的ハードルが低くなります(^^)

まとめ

せっかく大掃除をしたのなら、いらなくなったものを処分してスッキリしたいですよね。

でも、まだ着られる服なんかはゴミ袋に入れて捨ててしまうのももったいない・・・。

そんな時は、リサイクルシステムを利用して、気持ちよく手放すのが良いかもしれませんよ☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。