ぬいぐるみの処分の仕方は?供養すべきかリサイクルショップに持って行くか?

年末の大掃除や、年度末に引っ越しをする時など、家の中の不用品を集めて処分する機会が何度かありますね。

たくさんのゴミが出た時って、分別してごみ収集日を確認して・・・というところも面倒なものです。

ですがもっと面倒なのが、不用品だけどどこに出せばいいかわからない時。ぬいぐるみ人形なんかも、その一つではないでしょうか?

ぬいぐるみ

まだ使える洋服やバッグなどの小物も捨てるかどうか迷ったりしますが、ぬいぐるみはまたちょっと違う迷い方をします。

「ゴミとして捨てていいのかなあ?でも、それって罰当たり?」
「供養をすべきなのかな?みんなどうしているんだろう。」
「もらってくれる人がいたらいいのに・・・。」

ぬいぐるみの処分の仕方って、どうすればいいものなのでしょうか・・・?

スポンサーリンク
  

ぬいぐるみの処分の仕方って、どうしたらいい?

たくさんのぬいぐるみがあって、引っ越しなどの事情により手放そうとする時。

ぬいぐるみに対して思い入れがあっても、それほどなくても、ゴミ袋に入れて捨ててしまうというのはなんだかかわいそうな気になったりします。

あのつぶらな瞳で見つめられては・・・。

人形には魂が宿るとかいいますしね。ぬいぐるみは人形とはちょっと違うでしょうけれど。。


そんな感情を抜きに考えた場合は、基本的にぬいぐるみも自治体の決めた分類に従って処分することになります。

だいたいは可燃ゴミでしょうか。

私の住んでいる町なら、「燃やせるゴミ」です。もしも金具などが付いている場合は取り外して、金属は「燃やせないゴミ」へ。取り外せない場合はまとめて「燃やせないゴミ」扱いです。

そのままゴミのように袋に入れるのが嫌であれば、包装紙や布に包んで見えなくしてから、清めのお塩を振ると良いでしょう。

ぬいぐるみは供養した方がいいの?

人形供養というものがあります。

日本人形やフランス人形なんかは、魂が宿っているかのように感じることもあるでしょう。そんな人形をそのままゴミのように捨ててしまうのが、ちょっと怖い気がする人もいます。

そういう時は、神社やお寺などで供養をお願いし、お焚き上げをしてもらうことで気持ちが楽になりますね。

人間の形をしていて、顔も人と同じような表情があるように思える人形は、供養をしてあげたいと思うかと思いますが、動物がモチーフになっていることの多いぬいぐるみはどうなのでしょう?

人形供養の行われるある神社では、供養の様子を見ることができるところもあり、供養されるほとんどが人形(日本人形やフランス人形など、人をかたどったもの)のため、ぬいぐるみが置かれていると少々場違いな雰囲気が感じられるようです。

スポンサーリンク

だからといって供養するのがおかしいのではなく、神社によってはぬいぐるみも人形供養の対象としているところもあります。

また、郵送での供養を受け付けている神社もあります。



ただ、人形は捨てるのはどうかと思って供養する人も多いですが、ぬいぐるみの場合は袋に入れてゴミとして出す人もいれば、やっぱり気になるからと供養する人もいます。

供養するにも費用が掛かりますので、あまりにたくさんのぬいぐるみを持っている場合は、思い入れのあるものだけ供養し、そうでもないものはゴミにするという人もいます。

気持ちの問題ですので、気にしないか気にするかで、人によって違ってきますね。

ぬいぐるみはリサイクルショップで引き取ってもらえる?

いらなくなったぬいぐるみでも、捨ててしまうのはかわいそうだったり、まだ綺麗な状態なものなら、もったいないと思ったりします。

誰かか欲しいと言ってくれる人がいるといいのですが、もらってくれる人を探すのもなかなか難しいかもしれません。

そんな時、捨てるよりはリサイクルショップに持っていくと、引き取ってもらえる場合があります。

お店によって違いますので確認が必要ですし、買い取ってくれるにしてもかなり安い金額・・・ただ同然ということもあり得ます。

それでも、捨てるよりは気持ちが楽ですよね。

リサイクルショップよりも買取価格を上げたいと思ったら、フリーマーケットオークションに出してみるのもありでしょう。

レアものや、状態が良くて人気のあるキャラクターをまとめて出品するなどすれば、思ったよりも良い額になるかもしれません。

ただ、なかなか売れなくても終了するまで処分もできないとか、売れるとは限らないというところもあるので、すぐに手放したい時にはこの方法は適していません。


その他、無料で引き取ってもらうところを探すには、乳児院などの児童施設保育園や幼稚園、小学校や子供会のバザー老人ホームなどに問い合わせてみるのも良いです。

意外と引き取ってくれるところが見つかります。

個人からの寄付を受け付けて、海外にまとめて送る取り組みをしている団体などもあります。その場合は団体へ送るための送料を持つ必要はあるかもしれません。ちょっとくらいお金を出しても、捨てるよりはましと思う場合は、利用すると良いでしょう。

(参考までに、このようなところです ⇒『特定非営利活動法人国際子供友好協会:ご寄付のお願い』

まとめ

ぬいぐるみがいらなくなった時、基本的には自治体の決めた方法でゴミに出すことになります。

ですが、処分をするのはちょっとかわいそう。まだ綺麗なのにもったいない。そんな時は、供養するとかリサイクルショップを利用する、寄付をするなどの方法があります。

その方法を知っておけば、罪悪感を持たずに納得する手放し方ができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。