お歳暮に北海道らしい人気のものを 海産物やスイーツなどはどうかな?

お歳暮として、地元ならではのものを贈って喜んでもらえると嬉しいですよね。

鮭の切り身

北海道に住んでいると、「食べ物がおいしいよね!」と言われることが多いですが、北海道からあまり出て行くことがないと、もしかしたら北海道でなくても買ったりできるものがあるのかな?と気になったりします。

北海道らしいものだと思って贈っても、実はそこで普通に売っているかもしれません。

北海道物産展などが良く行われていたり、北海道のものを取り扱っているお店が近くにあると、そんなに珍しくない場合もあるでしょう。

人気の食べ物であれば喜んでもらえるのかなとは思いますけれどね(^^)

ここでは、北海道以外に住んでいる方が考える、“もらって嬉しかったorもらって嬉しい北海道ならではの食べ物”をまとめてみました。

北海道以外に住む、親戚や知人・友人にお歳暮を贈る際に、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  

お歳暮にしたい北海道らしい人気の食べ物って何?

北海道からのお歳暮と言えば、やっぱり思いつくのがカニではないでしょうか?

ハロウィンが終わって、そろそろ年末商品のカタログがお店に並び出す頃になると、カニは大きく表紙に載っていたりします。

北海道に住んでいても、特別な時以外は滅多に食べられませんが・・・

今思うと、私が子供の頃はオホーツク海の側に住んでいたためか、親が毛ガニをいただく機会が割とあったようで、家族で一人一杯まるごと食べた記憶があります。

新鮮なカニを母が塩茹でしたものでしたが、ほぐしたカニの身にちょっと醤油を垂らして、熱々ごはんに乗せて食べるとおいしいんですよね~♪

(あんな贅沢はしばらくできなさそうです^^;)


その他、魚介類も人気ですね。北海道はグルっと海に囲まれていますから、南西側は本州と似ているかもしれませんが、北で獲れる魚、東で獲れる魚は北海道らしさも出るでしょうね。

スポンサーリンク

干した開きほっけも、脂がのっているのをふっくらと焼き上げて熱々を食べると、とってもおいしくてごはんが進みます♪



イクラも人気です。それなりの量を用意するにはちょっと価格が高くなりますが・・・

もしも手作りを贈っても問題のない間柄でしたら、秋にスーパーでも生すじこが売り出された時に購入して、しょうゆのつけ汁を手作りし、自家製いくらを作ると良いです。

市販のいくらを買うよりもずっと安くたくさんできあがります。それをタッパに詰めてチルド便で送ると良いでしょう。

手作りのものをお歳暮として贈るのはちょっと・・・と思うなら、真空パックで包んだ高級鮭切り身なんかをメインにして、手作りいくらを一緒に入れるのも良いかもしれませんね(^^)

その際は、ちょっと自分で包装して送る手間はかかりますけれど。



その他、じゃがいもや玉ねぎの詰め合わせだったり、バターやチーズなどの乳製品北海道らしくて人気です♪

北海道ならではのスイーツや飲み物なら

海産物は大人も子供も好きだという人は多いものですが、どちらかというと大人向けかもしれません。

小さなお子さんが何人かいる家庭に贈るなら、スイーツや飲み物を選ぶのも良いですね。子供たちがおいしいものを食べながら喜ぶ顔を見るのも、親は嬉しいものですしね。

そんな時は、北海道ならではのスイーツや飲み物を選んでみると良いでしょう。

果汁100%のりんごジュースでは、余市の「りんごのほっぺ」が有名ですが、その他にもご当地ものがあったりします。

また、北海道限定品のリボンナポリン。こちらは炭酸飲料なので、あまり小さい子供のいる家庭では飲ませていないかもしれませんが、小学生以上であれば飲んでもらえるのではないでしょうか。

サイダータイプのリボンシトロン(北海道限定ではないですが)とセットにしても良いでしょう(^^)



スイーツなら、ロイズのチョコレートやルタオのケーキ、柳月の三方六、牧家のプリン、HORIの夕張メロンピュアゼリー、六花亭のお菓子詰め合わせなどの有名どころから、ご当地ものも色々あります♪

まとめ

北海道に住んでいて、北海道外の方にお歳暮を贈るなら、やはり地元北海道ならではの食べ物を贈りたくなります^^

おいしく食べてもらいながら、北海道に思いを馳せてもらうのも嬉しいですね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。