節分の豆まきは大豆?それとも落花生?豆以外のものをまくのはあり?

節分の豆まき、していますか?

子供がいて日本の文化に触れさせたいからと鬼役になってみたり、子供の頃にしていた習慣だからと一人になっても何となく豆を買ってきてまいてみたり、いつの間にかしなくなったり、もともとしたことがなかったり・・・様々かとは思います。

福豆

豆まきをする場合は、大豆を買ってきますか?

それとも落花生

はたまた豆チョコなどの豆以外のもの

スポンサーリンク
  

節分の豆まきはなぜ大豆なの?

節分の豆まきに使われる豆は、大豆が一般的です。

なぜ多くの種類のある豆類の中でも、大豆が使われているのでしょう?

まず、ちょっと大豆の歴史について見てみますね。



大豆の歴史は古く、弥生時代には中国から朝鮮半島を通って伝わったようです。奈良時代には仏教とともにみそやしょうゆ、大豆の加工方法なども伝わったと考えられているのですって。

大豆は特別な食物でした。

この時代に書かれた「古事記」(日本最古の歴史書とも言われています)にも、「豆」の字は書かれているとのことですが、これは大豆のことなのでしょうね。

鎌倉時代以降は日本でも多く栽培されるようになり、仏教で禁止された肉食の代わりに貴重なたんぱく源となっていたということです。



日本人と大豆って、深い縁がありますよね(^^)

神事に使われる五穀の中には、豆も含まれていますが、この豆というのは大豆のことなのでしょう。

また、昔の日本のことばには音遊びみたいなところがありますけれど、節分の豆まきの豆には魔滅とか、魔目という字を当てていたと言われます。

「魔(物を)滅(する)」=「魔滅」=「豆」ですね。

更に、節分の豆まきに使われる大豆は煎って使いますが、「魔(物の)目を射(煎)る」=「魔目を射る」=「豆を煎る」ということです。

少々私の推測部分もありますが、このように考えると、豆まきの豆として大豆が使われるのがわかる気がしてきます☆

節分の豆まきを落花生でする地域もあるってホント?

ところで、節分の豆まきは「落花生だよ!」という地域もあります。

実は、私の子どもの頃は落花生で豆まきをしていました。北海道です。

今でこそ、スーパーの節分コーナーには煎り大豆なんかも売られていますが、昔は何も疑わずに落花生をまくものと思っていました(^^)

スポンサーリンク

話に聞いてみると、落花生をまく地域と言うのは北海道、東北周辺、九州あたりで多いみたいですね。

関東、関西はほぼ大豆のような気がします。落花生の産地である千葉県は、どちらも使うようです。

雪の積もる地域や、灰の積もる地域が落花生なのでは?と推測している方もいました。

落花生って、大きくて拾いやすいので片付けもしやすいし、ちょっとくらい土の上に落ちても大丈夫。殻をむけば食べられますから便利な豆ではあります。

ですが、子供と一緒に年の数だけ食べようとしているうちに、あの殻がそこらへんに散らばっていたりするんですよね(^^;)

その殻の片付けの方が大変かもしれません・・・。

節分の豆まきに豆以外のものをまくのはあり?

節分の豆まきには、大豆や落花生がまかれているのはわかりました。

それでは、豆以外のものをまくこともあるのでしょうか?

米や豆などの穀類と小銭を包んだものを投げ、目下のものがそれを拾うという儀礼が、昔の宮中ではあったようです。



私が以前住んでいた田舎で、初めてお寺さんの節分会に行った時、煎り大豆が何個か入った小さなパック(市販のものです)とともに、みかんもまかれていました。

他に、就学前に子供が通っていた園では、落花生と豆チョコ(ちっちゃい丸いチョコレートが、飴の包みのように個包装になっているもの)がまかれていました。

子供たちは豆よりもチョコ集めに夢中になるんですよね(^^;)

個包装の一口チョコレートや、キャラメルなんかも一緒にまかれるところもありますし、もう何でもありですね(笑)

昔ながらの日本の行事ではあっても、時代とともにやり方や意味合いが変わっていくというのはあります。

変わっていくことは悪いことだけではありませんし、時代の流れを止めることはできません。ものによっては、ちょっと寂しく感じることもあったりしますけれどね。

でも個包装になった豆なら、どこにまかれても食べられるので捨ててしまうこともなく、エコの時代に合っているとも言えます^^

まとめ

節分の豆まきは、大豆が一般的ではありますが、落花生をまく地域も少なからずあります。

北海道や東北近辺、九州などで落花生がまかれるところが多いようですね。

また、みかんや小パックの豆、個包装のチョコレートや飴、キャラメルなどもまかれる場合があります。

子供たちにとっては、お菓子を拾う方がやる気アップするかもしれません(^^)


そんな風にちょっとアレンジされた行事ではあっても、日本ならではの文化に触れる経験をするのも良いのではないでしょうか。

楽しくできた方が良い思い出になりますし、自分が親になった時に子供にやってあげようという気持ちになるかもしれませんね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。