手作りの甘酒は炊飯器で簡単にできる♪活用の仕方や保存法も知ろう

しばらく前から、昔ながらの発酵食品が見直されています。

酵素が入ったサプリなんかもたくさん販売されていますが、日本の昔ながらの食品を手作りして、日常的に取り入れている方も増えていますね。

私の周りの主婦の方にも、味噌や塩麹、醤油麹、納豆、ヨーグルトなんかを作っているという方もいます。



そんな中で、今回は手作りの甘酒についてのご紹介です(^^)

炊飯器があれば簡単にできますので、ちょっと試してみてもいいですね。料理に活用してみることもできます。保存法も知っておきましょうね。

スポンサーリンク
  

手作りの甘酒を炊飯器で簡単に作っちゃおう

甘酒には、米麹を使って作るものと、酒粕を使って作るものの2種類ありますが、今回の手作り甘酒は米麹を使ったものです。

作り方もいくつか方法がありますが、だいたい55℃~60℃ほどで長時間保温しておくことができれば作れます。

こちらでは炊飯器で作る方法をご紹介しています。私はいつもこの方法で作っています(^^)


炊飯器で作る、甘酒の作り方

<材料>
※出来上がり量は、だいたい600mlとなります。

米麹(生麹でも乾燥麹でもOK)・・・100g
ごはん・・・1合(約150g)
水・・・300ml

<道具>
炊飯器
温度計
布巾

(炊飯器の代わりに、ヨーグルトメーカーがあればもっと簡単です。)

<手順>
1.炊飯器の器に、ごはん1合(約150g)と水300mlを入れて混ぜます。温度計で60℃くらいになるまで置いておきます。
  温度が低い場合は、お鍋に入れて弱火にかけて調節してから移し替えてもOK。でも、60℃以上にならないように注意してください。

2.麹を入れてよく混ぜます。バラバラにして均等になるようによく混ぜましょう。

3.炊飯器を保温状態にして、上に布巾をかけ、蓋は開けたままにします。温度計で55℃~60℃を保てるように時々確認しましょう。

  炊飯器によって保温の温度が違ったりしますので、蓋の開け具合や布巾のかけかた等によって、丁度良く調節できるように試してください。

スポンサーリンク

4.5~6時間くらいで出来上がります。そのままでも飲めますが、甘味が強く感じられる時は水やお湯で薄めても。お好みでどうぞ☆

甘酒を手作りしたら、保存はどうしたらいい?

甘酒を手作りして、余った時は、冷蔵保存もしくは冷凍保存をします。

清潔な容器に移し替えて、冷蔵庫で保存する場合は一週間を目安に使い切ります。

それ以上保存するなら、冷凍庫へ入れましょう。3か月程保存することが可能です。


ちなみに私は・・・2週間くらいなら冷蔵庫で保存しても平気でした^^

それ以上になると、ちょっとピンクがかった色が付いてきたり、膜のようなものが出来たりしてしまいます。こうなると、さすがにやめておいた方がいいですね(^^;)

米麹から作る甘酒は、アミノ酸等が含まれていて「食べる点滴」とも言われます。適切な状態で食べたいものですね^^

手作りの甘酒を活用する例も知っておこう

さて、手作りの甘酒を何かに活用したくなることもあります。たくさん作り過ぎて、早めに使ってしまいたい時もありますね。

そんな時は、ちょっとアレンジして活用しちゃいましょう~(^^)


甘酒にしょうが汁を少し絞って飲んだり、豆乳で割って飲むのもいいですよ。

ヨーグルトに入れたり、スムージーやシェイクに入れる人もいるとか。

それから、パン作りに砂糖代わりに入れて、甘酒パン。ホームベーカリーが家にあれば簡単に作れますね。



みそ汁や鍋にスプーン1杯入れるとコクが出ますし、漬物にも合うと言って入れて作っている方もいます。

私がよく使うのは、カレーのルーの隠し味としてです。100グラムほど入れちゃいます。ほどよい甘味とコクが出てとてもおいしくなります♪

まとめ

手作り甘酒は、何も難しい作り方をすることはありません。

温度管理さえできれば、おいしい甘酒ができますから、ぜひ挑戦してみてくださいね。

炊飯器によって少し温度も違いますので、ふたの開け方などで調節してください。

慣れてきたら、いくつかアレンジして活用してみるのも楽しいです♪保存法も知っておけば、作り過ぎても焦りませんよ(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。