北海道でクワガタが採れる時期や種類は?採集のポイントも知ろう

虫に興味のある子どもだったら、憧れて採りたくなる昆虫は、クワガタカブトムシではないでしょうか?

うちの子も、小さい頃はそれほどでもなかったのですが、小学生になってから飼いたがるようになりました。

ただ、北海道にはカブトムシはいません(正確には、元々いなかったのですが、現在は生息しています。また、コカブトは元からいるようです。)ので、クワガタの方が身近です。



以前、山に近い田舎町に住んでいたことがあったのですが、昼間でも時々クワガタが「ブーーーン」と飛んできて、家の壁にぶつかって落ちていたりしました(^^;)

近所の人も、道路を歩いていたクワガタを捕まえてうちの子にくれたりして、一時期かなりたくさんになってしまったので、ふたをせずに外に置いておいたら山に帰っていきました。

スポンサーリンク
  

北海道で採れるクワガタの種類は?

北海道に生息しているクワガタの種類は、実際に採れるかどうかは別として、結構多いです。

  • ノコギリクワガタ
  • ミヤマクワガタ
  • オオクワガタ
  • コクワガタ
  • アカアシクワガタ
  • スジクワガタ
  • オニクワガタ
  • ヒメオオクワガタ
  • ツヤハダクワガタ
  • マダラクワガタ
  • マグソクワガタ

などですね。

実際に採れる種類は、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、スジクワガタあたりが多いかな?

北海道でクワガタが採れる時期って?

北海道でクワガタを採る時期としては、本州以南よりもちょっと遅くなるかと思いますが、だいたい7月に入ってからでしょうか。

その年の暑さや、地域によっては6月でも採れるかと思いますけれどね。


うちが以前住んでいた、クワガタの採れる地域には、夏休みになると夜にクワガタ採りに訪れる親子がいましたよ。北海道の夏休みは、7月中旬から8月中旬頃です。

9月に入ると肌寒い日も多くなってくるので、夏の虫たちは少なくなりますね。

夕方になると、コオロギなどの秋の虫たちの声が聞こえてきます。そうなると夏も終わりだなあ~と、もの淋しくなります(;;)

北海道でクワガタを採集するポイント

クワガタを採集するポイントは、北海道でなくても同じでしょうけれど、まずはクワガタが好む木を探すのが良いです。樹液の出ている木を探すんです。

クワガタが樹液に集まるのは夜ですので、お子さんと一緒に探すにはちょっと時間が遅いかもしれません。シーンと静まり返った田舎町には、車の音も話し声も響きますしね・・・。

そんな時は、朝早くに歩いてみて、街灯の下とか自動販売機の周りなどをよく探してみると、見つかることがあります。


クワガタは、広葉樹の多い公園や山麓近くの道路の灯火採集ができます。夜遅くでも大丈夫なら、行ってみると良いです。

スポンサーリンク

が、まずはお昼間に樹液の出ている木を探しておく方が、見つかる可能性がアップしますよ。蝶や蜂がたかっている木の幹があれば、チェックしておきましょうね。



トラップを仕掛けておくという方法もあります。

市販の昆虫ゼリーや、よく熟したバナナを木の幹に塗っておくのです。ストッキングに熟したバナナを入れて吊るしておくというのもあります。

それから、白いシーツのような布に車のライトを照らす方法です。強い光によって来る性質を利用して、こういった方法で採集している方もいます。

白いシート(3m~5m四方)の上に蛍光灯を数本(20w~40wくらい)並べた方が飛んでくると言う方もいます。蛍光灯や水銀灯は虫が集まりやすい波長(UV350nm)の光を出すので効果が高いということですよ。

 

我が家のクワガタ取りの例

実際に、うちでも田舎町に住んでいた時、子どもが自分の足で探して採ってみたくて(それまでは昼間に偶然見つけたものだったので)朝早くに歩いてみたことがありました。

4時5時といった時間だったので、私も一緒に歩きましたよ。

すると、街灯の下あたりに一匹。それから木でできた看板に一匹いました(^^)子どもは喜んで持って帰り、大事に飼育しましたよ。

木の看板にいたクワガタは、立派なミヤマクワガタのオスでした。

自分で見つけたからか、大きくて立派だったからか、うちの子は一番気に入っていたようです。

やはり人からもらったり家の前で見つけるよりも、「見つけたい」と思って探しに行った方が、愛着も増えるのでしょうかね。

ただ、子どもは見つけたものは全部持って帰りたくなってしまう恐れがあります。

すべて責任をもって世話をしてあげられるのならいいかもしれませんけれど、たくさん持ち帰ってもケージにごっそり入れてしまうだけではクワガタたちがかわいそうです。

狭い中でオス同士がけんかしてしまうと、死んでしまったりしますからね。

その点は、あらかじめ教えてあげて、採れた中から数匹選んで大事に飼うことにすると良いでしょう。

オスとメスのつがいができれば、たまごを産んで幼虫になって・・・さなぎ、成虫と成長の様子も観察できるかもしれませんね。それはまた子どもにとって良い経験になるのではないでしょうか(^^)

まとめ

北海道でクワガタがよく採れる時期は7月~8月頃。種類はノコギリクワガタ・ミヤマクワガタ・コクワガタが採れやすい印象です。

時間としては活動が活発な夜ですので、いきなり行っても暗い中で見つけるのは大変です。採集のポイントとしては、できるだけ昼間のうちに下見をしたり、トラップをしかけておくことですね。

暗い時間が難しければ、早朝です。夜よりは少なくなっているでしょうが、採れることはあります。



見つけたクワガタは、持って帰るのは飼育できる数だけにして、大事に育ててあげてくださいね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。