桃狩りの時期に食べ放題したい。食べ方は?時間無制限になるの?

果物狩りに行ってみたいけれど、今まで体験したことがないとどんな風に取ってその場でどんな風に食べるのかわからなくて、ちょっと勇気が出なかったりします。

一度でも行ってみれば様子がわかるので、次回はどんなところにしようかと考えることもできますけれどね。



今ならネットで調べれば色々と口コミを見つけたりもできますが、感じ方は人それぞれです。実際行ってみるのと話を聞くのではやはり差がありますから参考程度ではありますよね。

でも、何も情報がない状態で出向くのと、こんな感じのところもあればあんなシステムのところもあるんだ・・・とあらかじめ知っておくことで、焦ることなく楽しめるのではないでしょうか(^^)

今回は、桃狩りについての情報です。

スポンサーリンク
  

桃狩りの時期っていつ?

桃って高級感のある果物で、大好きな方も多いですよね☆

私も桃は好きですし、子どもたちも大好き~♪なのですが、そんなに安く売られることもないので、割と特別な時に食べる感じです。桃の取れる地域だったらお安く売られているのでしょうか^^

さて、桃狩りができる時期・・・桃の旬はいつでしょう?

桃の出回る時期は、6月~9月までという感じで、一番多く出荷される時期は7月のようです。

都道府県で一番多く栽培されているのが山梨県、そして福島県、3番目は長野県だそうですね。そういえば、子どもの社会の教科書に載っていたような・・・(笑)

桃狩り食べ放題の食べ方はどんな感じなの?

いちご狩りやさくらんぼ、ぶどう狩りと言った小さなものは、洗わずにそのままパクッと口に入れて、種だけ出したりしますけれど、桃はどうなのでしょう?

りんご狩りや梨狩りなんかもどうなっているのか心配になりますが、こちらは果物狩りを開催している果樹園によって違うところがあるので一概には言えません。

桃狩りも、「洗わずにそのまま食べるところ」や、「洗う場所があって洗ってから皮ごと食べるというところ」もありますし、「ナイフで皮をむいて食べられるところ」もあります。

また、「自分でとった桃を食べるところ」や、自分でとった桃はお持ち帰りとなり「>果樹園側で用意してある桃を食べるというところ」もあります。

自分が行こうとしている果樹園が、どんな風に食べさせてくれるのかは、ホームページを見たり直接電話で問い合わせをしてみた方が確実ですね。

桃狩りの食べ放題で時間無制限なところもあるの?

いちご狩りやさくらんぼ狩りなんかだと、入園料を払った後は自由に取ることができ、時間内なら食べ放題となるところが多いですね。

スポンサーリンク

時間は30分だったり1時間だったりし、入園料も800円だったり1,000円だったり、1,500円だったりとそれぞれです。



さて、桃狩りではどうなのでしょうか?

桃狩りですと、場所によっては時間無制限というところもあるようですよ。

ただ、それも自由にもいでいくらでも食べて良いというわけでなく、自分でもげるのは2個まで。後は時間無制限で園側が用意した桃を食べ放題できるという感じですね。

ですので、桃狩りに行く前には、どんなスタイルで楽しみたいのかを考えておくと良いです。

「時間制限あり、桃を自分で木から取ったものを食べ放題できるところ。(持ち帰りなし)」

「桃を自分でもぐのは2個までなどと個数制限がありますが、それはお土産として持ち帰り、その場では園側が用意した桃を食べ放題できるところ。」

「入園料は無料で、その場では食べず、自分でもいだものは持ち帰りとして料金を払うところ」・・・などですね。


その場で食べることを想定するならば、ちょっと硬めだけれどもぎたてが珍しい取ったもの食べ放題のところか、個数制限があるけれど用意された桃なら食べ放題のところかといったところがいいですよね。

柔らかい桃がお好みなら、園側が用意した桃を食べる方がいいかと思います。

取り立てを食べてみたい方、硬めの方が好みの方は、自分でとって食べる方がいいのではないでしょうか(^^)

まとめ

果樹園によっても、どんなふうに取ることになっていて、その場で食べられるものはどんなものかというのは違いますので、行く前に確認しておいた方が確実ではあります。



桃は「入園料のもとを取るためにたくさん食べる!」といった果物狩りではありません。

天候によってもおいしさが左右されたりしますから、桃狩りの桃の味に満足できるかどうかは運も関係あります(^^;)

実際、狩って食べるよりもお店で買った方がおいしいという声も結構多いですからね。


もちろん、桃狩りでおいしい桃を食べた方もたくさんいらっしゃいますけれど、どちらかというと「おいしい桃をおなか一杯食べよう」と思いながら行くよりは、「収穫体験をしにいく」といった意識の方が、満足感は高まるのではないかと思います(^^)

旬の時期のフルーツがどんな風に木になっているのかを見てみるのも興味深いですし、農作物を身近に感じられるいい機会にもなりますしね☆

ぜひそんな体験を楽しんでみてください^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。